治療でお悩み・ご質問の方

ご相談フリーダイヤル

ご相談・ご予約

下肢静脈瘤とは

下肢静脈瘤の再発

下肢静脈瘤の再発について

せっかく手術や治療を受けたのに、あまり良くならなかったり、数年してから再び静脈瘤が出てきてしまう“再発”が起こる事があります。
これらのおもな原因は2つあります。

(1)は以前よく行われた高位結紮術の手術後や、治療時には正常であった静脈があとで静脈瘤になってしまった場合があります。
(2)は進行した静脈瘤に硬化療法を行ったり、切除すべき静脈瘤を切除してなかった場合です。

(3)不完全なレーザー治療を受けたため、術後悪化し、当院を訪れる例です。
(2)の場合は論外ですが、最初にどんなに適切な治療をした場合でも、10年以上たつと10-20%の再発は避けられません。しかし、現在では超音波検査で適切な診断をすれば、どのような再発でも治療可能ですので、あきらめる必要はありません。

再発の治療

では、手術後に再発した静脈瘤をどの様に治療するのか?最も大切なのは、超音波検査による正確な診断です。手術後の場合、静脈が元の状態と変わってしまっているため、超音波検査で現在の静脈の状態を知る必要があります。また、最初の治療がどのようなものであったかも、診断することができます。時には患者さんが医師より聞いていた治療と異なる治療が行われていることもあります。超音波検査による正確な診断を基にして、患者さん一人一人に最も適した治療法を選びます。

再発しても治りますーあきらめないで

現在では、下肢静脈瘤が再発しても、色々な治療法を駆使して治療する事ができます。超音波検査をして、現在の静脈瘤の状態を正しく診断されることをお勧めいたします。あきらめずに、まず相談して下さい。

他院で手術をしたのですが、症状がよくなりません。

Q:他院で手術をしたのですが、症状がよくなりません。
A:当院にはたくさん患者さまが「後遺症相談に来られています。」主なご相談は「症状がよくならない。」「瘤(こぶ)がそのまま残っている。」「色素沈着がある」「術後に痛みがつづく」「手術をしたのに静脈瘤が残っている(残存静脈瘤)」
当院は積極的に「江戸川病院 順天堂大学心臓血管外科」と医療連携して診療を行っていますので、当院の患者さまは3つの連携施設での手術・精密検査も可能です。
最近、他院で不完全な手術を受け「再発した」など、トラブルを抱え来院する患者さまが増えています。
その中には『静脈瘤の原因である不全交通枝(分枝)に問題が残り「当院で再手術」となるケースもあります』、まずは最初に手術を受けた主治医としっかりとご相談の上 当院へ御来院願います。