治療でお悩み・ご質問の方

ご相談フリーダイヤル

ご相談・ご予約

お知らせ

2019.04.29 順天堂大学の「足の疾患センター」の記事が掲載されました。当院は順天堂医院と医療連携を行っています。「甘く見ると危険な静脈瘤=出産や立ち仕事で血管に瘤」

甘く見ると危険な静脈瘤=出産や立ち仕事で血管に瘤

 妊娠や出産、立ち仕事や座りっ放しといった生活の継続などが原因で、ふくらはぎなどの足の血管が膨れて瘤(こぶ)のようになるのが下肢静脈瘤(りゅう)だ。40歳を超える頃から発症が増えるが、深刻な健康被害はないとされている。ただ、見た目が気になる上、放置しているとかゆみや炎症を生じてしまったり、皮膚が破れて潰瘍へと悪化してしまったりすることもある。
下肢静脈瘤の患者は全国で中高年を中心に1000万人程度。医療機関を受診しているのは150万人前後と推定されている。また、治療を受けた人の中にも手術で静脈瘤を除いた後に必要なケアをせずに再発させてしまった患者も少なくない。

 ◇悪化すると周囲組織破壊

 「血液は心臓で圧力を掛けられて四肢と末端まで動脈で送られ、そこから重力に逆らって静脈を回って心臓に戻ってくる。静脈には逆流防止の弁がある上に、ふくらはぎの筋肉で静脈を圧迫して血液を押し戻すなどの機能も備えている」

静脈瘤が悪化すると、血管だけでなく周囲の組織も破壊されてしまう「静脈うっ滞性潰瘍」の恐れがある。この治療に詳しい順天堂病院の田中里佳先任准教授(形成外科)は、足の血流の仕組みをこう話す。

その上で「加齢や、直立時間や座ったままの時間が長くなるといった条件が重なれば、心臓に戻るべき血液が下肢にたまってしまい、血流が滞って静脈瘤ができる。血流の滞りが悪化した血管から血液成分が漏れ出てしまい、下肢がむくみ、湿疹や潰瘍を作ることもある」と、静脈瘤ができるメカニズムを解説する。

 ◇手術後も再発の恐れ

 健康面での影響はほとんどないといわれる静脈瘤だが、「目立つ」とか「かゆくて仕方がない」といった理由で手術を受けて切除する人も少なくない。このような患者についても田中先任准教授は「できた瘤を除去しても、圧迫療法をやめてしまったり、生活習慣や加齢などの条件に変化がなかったりすれば、すぐに再発してしまう。一度できてしまうと、根気よく圧迫療法などの治療を続けていく必要があることを忘れないでほしい」と言う。

静脈瘤の中には、血流の「うっ滞」が悪化して血液中の成分が周囲の体組織を破壊してしまい、床ずれのような潰瘍が大きくなったり、体組織に大きな穴が開くような傷ができてしまったりすることもある。

田中先任准教授は「ここまで症状が進めば、形成外科や皮膚科、血管外科などが協力した、十分で専門的な治療が必要になる」と話す。このため、同病院では総合的に対応するために複数の診療科の専門医やフットケアの指導に携わってきた認定看護師、臨床検査技師を集めた「足の疾患センター」を今年4月に設立している。

<時事通信より転載>