LINE・オンライン メール予約 電話予約 オンライン問診票

診療内容

ハンドベイン(手の血管拡張症)

「手をハンドデザインする」

indeximg6

「手の甲に血管が見た目にはっきりと浮き出て目立つようになります。」「生まれつき太い血管が気になる」
2006年より、当クリニックでは日本で初めてのハンドベイン(手の静脈が目だつ)アームベイン(腕)の治療を開始しました。

次世代へ向け「これまでと全く違う・患者さまの身体にやさしい治療を行っています」患者さまの要望に沿った あなたのためのオーダーメイドの治療計画が可能です。(片手だけを希望など)

入院はいりません。翌日からシャワーOK 「今回の治療法の導入で、手の圧迫期間や痛み・腫れも大幅に短縮されました」詳しくはメールにてご相談願います。

<日経ヘルス>

IMG_0220

96958A9F889DEBEAE3E7EBE5E0E2E2EAE2E1E0E2E3E4E2E2E2E2E2E2-DSXZZO9816055008032016000000-PN1-8

96958A9F889DEBEAE3E7EBE5E0E2E2EAE2E1E0E2E3E4E2E2E2E2E2E2-DSXZZO9816056008032016000000-PN1-8

 

96958A9F889DEBEAE3E7EBE5E0E2E2EAE2E1E0E2E3E4E2E2E2E2E2E2-DSXZZO9816188008032016000000-PB1-8

日経新聞記事より引用(当院取材受け)

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO98159720Y6A300C1000000/

治療のはじまり

手の甲の青い血管が目立たなくなる!ハンドベイン治療の先駆者として

2006年、日本初の手の甲静脈レーザー治療を実現

ハンドベイン治療は、手の甲の青い血管を目立たなくする治療法です。当院は、2005年からニューヨークのサディック医師、サンディエゴのゴールドマン医師、そして機器メーカーと協力し、日本初の治療準備に取り組みました。

日本初の治療を支えた医師たち

外科の横山医師、形成外科の簡野医師・石丸医師が研修を受け、2006年にジョンポプキンス大学のワイス助教授や、下肢静脈瘤治療の世界的権威であるキングスリー医師を招き、日本初のプロジェクトを実施しました。

低侵襲で副作用も少ない治療

ハンドベイン治療は、従来の手術と比べて低侵襲で、副作用も少ないのが特徴です。手の若返り効果も期待できます。

形成外科専門医による丁寧な治療

日本では、血管外科医は手の甲の血管を温存することを優先するため、ハンドベイン治療は行われていませんでした。当院では、日本医科大学と連携し、形成外科専門医・手の外科医が治療を担当しています。

脂肪注入による治療との違い

近年、高齢者に対して皮膚に脂肪を注入する方法もありますが、注入された脂肪の持続期間は不明で、5年以内に再手術が必要となる可能性もあります。また、脂肪採取のためには大掛かりな手術が必要で、患者様の負担も大きくなります。

当院は、長年の経験と実績に基づいた、安全で確実なハンドベイン治療を提供します。手の甲の青い血管でお悩みの方は、ぜひご相談ください。

無料カウンセリング受付中

翌日からシャワーOK お仕事も可能です。

 

indeximg6

 

治療の特徴とよくある質問

 

 

qa_03

ここではハンドベインについてのよくあるご質問を掲載しています。

  • 血管を塞いでも大丈夫なのでしょうか?
  • 治療を施す血管は静脈です。静脈血管はネットワークが多いため、目に見える血管の一部を塞いでも、残った静脈血管のネットワークを経由して血流が保たれるので心配はありません。
  • 再発はするのでしょうか?
  • 治療した静脈血管以外が目立ってくる場合があります。理由のひとつに加齢による皮膚や血管の変化があります。レーザーで処理した血管は時間をかけて、組織へ吸収され消えていくので、再発はありません。
  • 目立つ血管は全部レーザー治療ができるのでしょうか?
  • 血管内レーザー治療は、膨らみがあり太く伸びている静脈血管が対象です。細く膨らみのない血管に対しては硬化療法などの他の治療を併用する場合があります。
  • レーザー治療された血管はどうなるのでしょうか?
  • レーザーを照射した血管は徐々に縮小し、最終的に結合組織となり体内に残ります。血管の膨らみが目立たなくなるまで1~3ヶ月程度かかります。
  • 治療することでのデメリットを教えてください。
  • 治療後1週間程度、内出血や腫れがあります。これは治療のための一時的な症状で状態は徐々に改善されます。当院では身体にやさしい最新型のマイクロパルスレーザー(従来の4分の1の太さで3ミリ以下の血管であってものアプローチが可能)を導入した結果、術後の圧迫の期間の短縮・腫れの期間がとても短縮され、効果も格段に向上しました。術後の圧迫は1週間から24時間へと大幅に短縮されています。

よくあるご質問

title

text

title2

text2

title3

text3

title5

text5

treat_img01

かかる費用(自費診療)

ハンドベインの治療は医療保険の適応ではありません。

修正を希望される血管の本数やご希望の治療の内容によって費用は変動いたします。当院のスタッフがご希望に沿った形での治療コストを計算いたします。クレジットカードによる分割払いも利用できますのでお気軽に患者様支援室へご相談ください。

レーザー治療費用の目安 基本料金20万円 血管1本3万3,000円~(2024年4月改定)

マイクロパルスレーザー治療はすべての治療可能な血管をレーザーのみで処置します。(マイクロパルスレーザーを導入しているのは、日本では当院のみ)

エコーガイド下(エンドレーザー治療)とは超音波エコーで血管内部の焼け具合を常時確認、ヤケドを作らないようにしながら、慎重に確実性の高い治療を行っています

硬化療法 血管1本 初回 3万3000円 2回目以降 4万4,000円

※美容皮膚科・ビューティクリニック系で行われている費用を抑えたプチ整形(注入や硬化療法主体)も可能です。安価なオーダーメイド治療をご希望の方はお申しでください。別途見積りいたします。(プチ整形の場合は4ミリ以下の血管や蛇行した血管にはマイクロパルスレーザーを使用しません。太い血管のみが治療対象となりますので、手術時間の短縮や治療費用を抑えた安価な治療が可能です。費用は従来の半額程度で提供いたします。) 硬化療法のみで血管を治療した場合、確実性が低く「完全閉塞までの期間が長い」リスクがありますが、再疎通した場合は追加の硬化療法を行い完全閉塞を目指します。 一年間追加料金なしのプランもご用意しています。両手28万円(税別)

 

graphics_r3_c1

 

 

 

レーザー機器比較(副作用リスクを軽減したい方向けマイクロパルスレーザー)

ハンドベイン治療のパイオニアとして、進化し続ける使命 治療の限界をレーザー機器(機械)のせいにしない

日本人の細い血管にも対応できるよう、最適な治療機器の開発に産学共同で参画し、常に進化を続けてきました。

足の血管専用レーザー機器の限界を克服

従来の足の血管専用レーザー機器では、3ミリ以下の細い血管への治療に限界がありました。他の治療法への切り替えや、治療自体が難しいケースも少なくありませんでした。

日本初の新型マイクロパルスレーザー導入

この課題を克服するため、当院は日本初の新型マイクロパルスレーザーを導入しました。可変式のパルス発振方式を採用することで、1ミリ以下の細い血管も治療可能となり、ハンドベイン治療用の専用レーザー機器がついに完成しました。

ガン治療や脳腫瘍治療と同等の安全性と確実性

この新型マイクロパルスレーザーは、超音波でターゲットとなる血管のみをモニターしながら慎重に焼灼する方式を採用しています。これはガン治療や脳腫瘍治療と同様の方法であり、安全性と確実性が格段に向上しました。

「治療の限界を機械のせいにしない」

当院の治療方針は常に「治療の限界を機械のせいにしない」です。進歩し続ける新たな機械を導入することで、常に問題をクリアし、患者様一人ひとりに最適な治療を提供しています。

合併症(リスク)

内出血、一時的なシコリなどが起こる可能性がございます。腫れ。稀に一時的な神経障害が起こります

※治療後の経過表も合わせてご覧ください。

当院では実際に治療を受けられた方の経過などの写真等を使い、お納得いただいた方のみに治療をお受けいただいております。

当院はハンドベイン治療のパイオニアとして10年以上の実績があり、症例数は1500例を超えました。

5年前には日本医大から久保医師、3年前からがん研究所有明病院で乳房再生を専門としていた「形成外科専門医の今井智浩医師が当院へ赴任し、ハンドベイン治療の症例数が飛躍的に増えました」2018年

<2007年~> 形成外科医師陣

仕上がりのキレイな手術、修復のエキスパート形成外科専門医による治療

手術で使用する糸や針、一つ一つにこだわることで術後のダウンタイムを軽減させることを目指しています

極細のレーザーファイバーは約0.3ミリ、蛇行した血管にも対応可能です。(髪の毛ほどの細さです)

 

 

 

 

 

 

 

 

術後の圧迫は?24時間です

美容医療について

当院のハンドベイン治療は形成外科専門医が行う修正治療ですが、美容を目的とする「美容医療」です。

保険が適応されないのはもちろんのこと、「医療機関で美容医療を受ける際のチェックポイント」を必ず確認の上、受診ねがいます。

政府広報のホームページからも確認いただけます。http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-10800000-Iseikyoku/0000156474.pdf

医療トラブルにあわないためにも、治療のメリット・デメリットを確認してから治療をお受けください。「ハンドベイン治療には神経障害や火傷のリスクが伴います。ダウンタイムはとても短いと宣伝している治療は一般的に効果が低く、追加での治療が必要となる場合があることをご確認ください」

LINE での問合せ・ご相談・ご予約ができます。

友だち追加

公式LINE登録をすると、簡単にお写真を送ることができます。

毎週水曜日は専任看護師による無料カウンセリングも行っています。