治療でお悩み・ご質問の方

ご相談フリーダイヤル

ご相談・ご予約

足と手の悩み

エコノミークラス症候群

エコノミークラス症候群(深部静脈血栓症)

深部静脈というより深いところにある静脈に血栓ができると、「深部静脈血栓症」という病気になります。

この病気は、足が急に腫れて痛みが出る症状で見つかることが多いのですが、血栓の場所によっては無症状の場合もあります。血栓のある場所によっては、命にかかわる可能性がある病気です。エコノミークラス症候群とも呼ばれています。

静脈血栓はふくらはぎの静脈に最初はできることが多いようですが、膝裏の深部静脈に血栓ができたり、太ももの付け根に血栓ができることもあります。この場合は肺などへ飛んでいく可能性が高くなってくるので、急に足が腫れて赤くなったりする場合は緊急的に検査や治療が必要となります。

震災後、10年たった女性に多く発症したという報告もあります。足に異常を感じたら検査をお薦めします。

10月13日は世界血栓症デー

世界では4人に1人が血管の病気で亡くなっています。